思想や歴史、サブカルや観光地・旅行などの情報を解説つきでお伝えします。
Top | Info | RSS | Twitter | Mail |
帰ってきたブログマンBTT

集団的自衛権 | 帰ってきたブログマンBTT - 日常で役立つ豆知識!

帰ってきたブログマンBTTは、強く生きる為に役立つ知恵を補填する情報サイトです。
( *`ω´) <お気に入りだよ!ブログマン!
スポンサードリンク
サイト内記事検索&キーワード検索:
タグ: 左翼  政治  集団的自衛権  中国  自衛隊  
2016年07月10日 22:39

コメント数: 2コメ
カテゴリ:
【政治】左翼が『集団的自衛権反対!自衛隊いらない!』って言ってるけどさ・・・他国に侵略されたらどうするの・・・!?

戦争法案反対についてちょっとだけ。
『戦争反対』と主張する自称・左翼思想の活動家たちに『中国が本格的に攻めてきたらどうするの?絶対に仕掛けてこないって言い切れるの?』と言いたくなることが多々ある訳ですよ。自称・左翼思想の方々は決まってこう答える訳です。『話し合いで解決するべき』だと。確かに理想的な主張ではあるのですが、効果的かといえばそうでもないんですよね…。

これは例えなんですけど…、織田信長は本能寺の変で明智光秀の謀反により自害して死んでしまった訳なんですが、抗戦せずに話し合いを選択すれば死なずに済んだと言っているのと大差無いんですよね。武器を持って戦ったから死んでしまったのだと。自称・左翼思想の言い分だとそういうことになる訳なんです。普通の人は『援軍が来るまで抗戦し続けることができる兵力くらい連れて行こうよ』と思う訳なんですけど…。

『備えあれば憂い無し』とはまさにこのことで、明智光秀も無謀な戦いだと気づき、本能寺の変は起きなかったと思うんですよねぇ。あの謀反は、チャンスを与えてしまった信長に落ち度があったのではないのかと。そうは思えないでしょうか。

例えが悪いと言われそうですけども、攻めてくる相手の気持ちを考えると割と良い例なんじゃないかなと思うのですが…いかがでしょう。

てな訳で─。
平和ボケした自称・左翼思想の方々の言い分について議論しているスレッドを取り上げて見たいと思います。 By 帰ってきたブログマンBTT

( *`ω´) <こっちもオススメやで。
帰ってきたブログマンBTT
スポンサードリンク
管理人の独り言
スポンサードリンク
熱情の律動

【報告】
ごめんなさい。ブロマガ通りました。移転します。堅苦しいネタはやめてライトなネタ中心のまとめでやっていこうと思います。
(FC2の二次元規制から解放されるので)

デザインを依頼したのですが、二ヶ月経っても全く作業が進んでいなかったので、一度移転作業を打ち切りました。他にも色々とあるので、落ち着くまでいったん移転作業を保留にしたいと思います。
アユネットドットコム
↑それまでこちらで楽しんで頂けると有り難いです。

新着記事
帰ってきたブログマンBTT
今日のブログマンニュース