思想や歴史、サブカルや観光地・旅行などの情報を解説つきでお伝えします。
Top | Info | RSS | Twitter | Mail |
帰ってきたブログマンBTT

【死】心肺停止と死亡の違いって知ってる・・・!?死亡を宣言できる権限を持つ職業とは・・・!?(解説あり) | 帰ってきたブログマンBTT

帰ってきたブログマンBTTは、強く生きる為に役立つ知恵を補填する情報サイトです。
( *`ω´) <特選情報だよ!ブログマン!
( *`ω´) <オススメだよ!ブログマン!
スポンサードリンク
サイト内記事検索&キーワード検索:
タグ:  生命  心肺停止  知識  
2016年04月17日 22:00

コメント数: 3コメ
カテゴリ:
【死】心肺停止と死亡の違いって知ってる・・・!?死亡を宣言できる権限を持つ職業とは・・・!?(解説あり)

心肺停止と死亡についてちょっとだけ。

「心肺停止」状態であっても、蘇生する可能性がある限り「死亡」状態にはならないそうです。医師が蘇生する可能性がゼロだと判断した時に初めて「死亡」が宣言される訳です。つまり、医師が死亡を受け入れない限りは、「心肺停止」状態が続くってことですね。

でも、「心肺停止」状態から蘇生できる時間は限られており、その限られた短い時間の中で心肺蘇生が行われる訳ですよね…。死と常に向き合っている医者って本当に偉大ですよね。

てな訳で─。
心肺停止と死亡と死亡の差を学習できるスレッドを取り上げたいと思います。 By 帰ってきたブログマン

スポンサードリンク
( *`ω´) <参考記事だよ!ブログマン!
( *`ω´) <関連記事だよ!ブログマン!

心肺停止と死亡の違いがわからないんだが


1:ななしマン:2016/04/16(土) 12:25:39.321 ID:N59ypofsM.net

心肺停止してるくせに生き返る奴って何者だよ



( *`ω´) <心肺停止と死亡の違い─。分かっているようで理解できていない気がしたので、ちょっと調べてみました。





心肺停止って?
心臓と肺がいずれも機能停止に陥っている状態。心停止と呼吸停止が同時に起こっている状態、心肺停止は様々な原因で発生し得る。逆に言えば、さまざまな疾患・外傷その他異常事態の最終局面として発生する。肺と心臓は生命維持に必要な酸素を全身に供給する役割を持つ。心肺機能が停止すれば、まもなく身体は酸素の欠乏によって死ぬ。

心肺の機能は、停止直後に適切な処置を講じれば回復できる可能性がある。そのため、心肺停止状態にあることは死亡と同義ではない。ただし、よほど迅速に処置が取られない限り死は免れない。(出典:Weblio辞書



死亡って?
死亡とは、絶命すること。生物の生命活動が不可逆的に途絶えた状態のことを指す。死んで亡くなる事。

死亡とは、生命を失ったことを指す汎用語であるが、同様の意味を持つ「死去」「逝去」などと比べ、比較的「天寿を全うせず、不慮の事故や病気によって死に至った」というニュアンスを含めて使われることが多い。

また、生命を失うことになぞらえて、物事が修繕不可能なまでに破壊されること、活動不可能な状態に陥ることを差して「死亡する」「死ぬ」と呼ぶこともある。(出典:ニコニコ大百科



「心肺停止」と「死亡」の違い


心肺停止とは、心臓も呼吸(肺の動き)も停止した状態。心音と呼吸の有無の確認でわかるため、誰でも心肺停止の判断は可能である。心肺停止状態であっても、心臓マッサージやAED(自動体外式除細動器)、人工呼吸などで蘇生する可能性があるため、死亡状態とはいえない。
ただし、心臓が停止し脳に血液が行かなくなると、4~5分程度で脳は回復不可能な障害を受けるため、心肺停止状態になったら迅速な救命措置が必要となる。

日本では、心肺停止(心停止と呼吸停止)のほかに、脈拍停止と瞳孔散大の4つを確認し、医師が死亡を宣言しなければ「死亡」とはならず、医師以外の者が死亡を宣言することはできない。
事故や災害などで、明らかに死亡している人が発見された場合であっても、警察や消防では死亡の宣言ができない。(記事の詳細はこちらから

このニュースの情報元はこちら
「心肺停止」と「死亡」の違い:違いがわかる事典

3:ななしマン:2016/04/16(土) 12:26:10.110 ID:Dmr+dx020.net

別に心肺停止したからって細胞が死んだわけじゃないし

4:ななしマン:2016/04/16(土) 12:26:28.902 ID:YmAMPs1O0.net

心臓マッサージで心拍蘇生するかもしんないじゃん

6:ななしマン:2016/04/16(土) 12:27:19.930 ID:/HUTtekyp.net

医師の死亡診定



( *`ω´) <日本では「医者」が『死亡』を宣言しない限り「死んだ」ことにはならないらしいです。

7:ななしマン:2016/04/16(土) 12:27:19.958 ID:0rzyduHXd.net

心配停止は心臓止まっただけ

9:ななしマン:2016/04/16(土) 12:27:42.953 ID:bZ4CxOfr0.net

「死」断定するのは医師

素人は心音と呼吸の有無しか確認できない
もちろん蘇生もあり得る

11:ななしマン:2016/04/16(土) 12:28:23.723 ID:FJJIV+jl0.net

俺ほどになると自分の心臓を自分でマッサージするからな

17:ななしマン:2016/04/16(土) 12:30:55.046 ID:h9mEyJm+M.net

>>11
ジェロニモかよ



ジェロニモって?
元々は幼少の頃に自分と妹を救ってくれた超人に憧れるただの人間だったのだがその飽くなき執念で超人となり、リアル超人レスラーと呼ばれるようになる。(出典:ピクシブ百科事典

12:ななしマン:2016/04/16(土) 12:28:24.161 ID:gtXTr6EFa.net

心肺停止→医者が診る前に救命を断念した状態
死亡→医師が確認

13:ななしマン:2016/04/16(土) 12:29:23.063 ID:6gKh4/FQ0.net

脳波途絶えたらアウト

15:ななしマン:2016/04/16(土) 12:30:31.739 ID:Z+b/A+Ffd.net

ドラマでみたことあるだろ医者が時計みて何時何分とかいうの
あれ言わないと死んだことにならないんだよ

だから心肺の心配いらないってか







「絶対に最後に一文を書きたかっただけだろうな・・・」
16:ななしマン:2016/04/16(土) 12:30:48.914 ID:PVn3rhNYd.net

死亡確定→死亡
死亡確認前で心臓が止まってる→心配停止

運が良ければ機械で繋げるが殆どは脳波もアウト

20:ななしマン:2016/04/16(土) 12:33:20.931 ID:oEUkZRspH.net

たしかに心肺停止で意識不明のやつが生き返るとこってないな
心肺停止したら3分ぐらいが限界か?

26:ななしマン:2016/04/16(土) 12:34:50.718 ID:bZ4CxOfr0.net

心肺停止でも10分単位なら蘇生も十分にある。
赤ん坊とか2時間後に蘇生とか

外傷があると、難しいな
なんだっけ下敷きになった人を引っ張り出すと死んじゃうの

32:ななしマン:2016/04/16(土) 12:37:17.636 ID:7pUO77Yid.net

>>26
クラッシュシンドローム



挫滅症候群って?
挫滅症候群(ざめつしょうこうぐん)は、身体の一部が長時間挟まれるなどして圧迫され、その解放後に起こる様々な症候をいう。クラッシュ症候群(またはクラッシュ・シンドローム)とも呼ばれる。重傷であることが見落とされる場合もあり、致死率は比較的高い。(出典:Wikipedia

41:ななしマン:2016/04/16(土) 12:50:54.750 ID:C8qi+KRi0.net

医者が死亡って宣言するまでは死亡じゃないから




( *`ω´) <心肺蘇生の電気ショックとか観ててつらいよなぁ

ネタ元: 心肺停止と死亡の違いがわからないんだが
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1460777139/
( *`ω´) <もっと見とく?
( *`ω´) <話題のネタを見とく?

知識・技術・豆知識の話題の関連タグ一覧
関連タグ:  生命  心肺停止  知識  

この記事のコメント一覧になります
大人向けのキーワードや差別・誹謗中傷っぽいキーワードは『NG』になることが多いです。
王立人コメがない
検案の場合は医師だけになるけど、診断中の心肺停止からの死亡は死亡診断書になるから、歯科医師も書けるんだけどね。
心肺停止

やる気ムンムンの医師なら心肺停止状態
やる気の無い医師なら死亡ってこと?
コメント欄


コメント ※禁止キーワード → http://(hを抜いてください。)

( *`ω´) <こっちもオススメやで。
帰ってきたブログマンBTT
管理人の独り言
熱情の律動

【報告】
ごめんなさい。ブロマガ通りました。移転します。堅苦しいネタはやめてライトなネタ中心のまとめでやっていこうと思います。
(FC2の二次元規制から解放されるので)

デザインを依頼したのですが、二ヶ月経っても全く作業が進んでいなかったので、一度移転作業を打ち切りました。他にも色々とあるので、落ち着くまでいったん移転作業を保留にしたいと思います。
アユネットドットコム
↑それまでこちらで楽しんで頂けると有り難いです。

スポンサードリンク
厳選ピックアップ
新着記事
オススメ記事
帰ってきたブログマンBTT
今日のブログマンニュース