思想や歴史、サブカルや観光地・旅行などの情報を解説つきでお伝えします。
Top | Info | RSS | Twitter | Mail |
帰ってきたブログマンBTT

【面白画像】ユニークなデザインのレーシングカーの画像を貼っていく・・・!!!!(画像あり) | 帰ってきたブログマンBTT

帰ってきたブログマンBTTは、強く生きる為に役立つ知恵を補填する情報サイトです。
( *`ω´) <特選情報だよ!ブログマン!
( *`ω´) <オススメだよ!ブログマン!
スポンサードリンク
サイト内記事検索&キーワード検索:
タグ: 乗り物  レーシングカー  面白画像  
2016年04月23日 15:39

コメント数: 0コメ
カテゴリ:
【面白画像】変なデザインのユニークなレーシングカーの画像を貼っていく・・・!!!!(画像あり)

ユニークなデザインのレーシングカーについてちょっとだけ。

『レーシングカー』という乗り物はどれだけ速く走れるかを研究した結果、あのデザインになっていることは大体の人が知っていることですよね。でも、中にはダサすぎるデザインの『レーシングカー』もある訳なんですよ。滅茶苦茶ダサい『レーシングカー』ってどうですか?応援する気が失せますよね…。

てな訳で─。
格好良いとは言い難い変なデザインの『レーシングカー』を紹介していく画像スレを取り上げたいと思います。 By 帰ってきたブログマン

スポンサードリンク
( *`ω´) <参考記事だよ!ブログマン!
( *`ω´) <関連記事だよ!ブログマン!

変な形のレーシングカーの画像貼っていく


1:ななしマン:2016/04/20(水)23:09:08 w4H

14項目紹介予定やで
ガバガバ解説付き

4:ななしマン:2016/04/20(水)23:12:11 7UG

期待

2:ななしマン:2016/04/20(水)23:10:39 w4H

彡(-)(-)「どうすれば勝てるマシンが作れるんや」
彡(^)(^)「せや!薄っぺらいマシン作って空気抵抗減らしたろ!」







1969年 シャドウ AVS
CAN-AMシリーズへ参戦すべく開発されたマシン
前面投影面積は当時の他マシンの約半分という驚きの薄さ
ゴーカートのような小さな車体に8095ccV8,620馬力のエンジンを搭載する怪物マシン

69年に投入される予定が諸事情により70年へずれ込む
更に規定改正等の何やかんやでデビュー時にはプロトタイプとはかけ離れた姿に
成績はお察しの通り

139:ななしマン:2016/04/22(金)19:54:42 kTC

>>2
これのミニカーもってたンゴ

5:ななしマン:2016/04/20(水)23:13:06 w4H

彡(゚)(゚)「タイヤの空気抵抗どうにかならへんだろか」
彡(゚)(゚)「でもタイヤ小さくしたら接地面積減るからなぁ」
彡(^)(^)「タイヤ小さくする代わりにタイヤ増やせば解決やな。6輪にしたろ!」





1976-77年 タイレルP34
F1世界選手権に投入された6輪マシン
フロントタイヤを小径にする事により前面投影面積削減を狙ったコンセプトブレーキ数増加の恩恵もあり優勝1回、入賞も14回とまずまずの成果を挙げる。

しかし、特殊径のタイヤを1チームだけに開発・供給する事にタイヤメーカーが難色を示しフロントタイヤの開発は頓挫。日進月歩のF1の世界では致命的で77年をもって6輪マシンは姿を消す。

なお、実戦には投入されなかったもののウィリアムズ、マーチ、フェラーリがリアタイヤを直列又は並列に配置した6輪マシンの試作を行っていた。

7:ななしマン:2016/04/20(水)23:16:14 w4H

彡(゚)(゚)「お祭り騒ぎしたいンゴねぇ」
彡(゚)(゚)「どうせ自動車メーカーのワークスには勝てへん」
彡(^)(^)「直線番長の車作って目立ったろ!」





1988年 セカテバWMプジョー
ル・マン24時間レースにおいて最高速度を出すためだけに投入されたマシン
6㎞にも及ぶストレート区間で400㎞/hに到達するため予選でスペシャルエンジン、スペシャルタイヤを投入し見事405㎞/hに到達。
決勝はピットスタートで適当に参加して適当なタイミングでリタイヤ

89年をもってFIA規定により6㎞のストレートは2つのシケイン設置により分断されたため、今後400㎞/hオーバーのマシンが現れる可能性は極めて低いと考えられる。

14:ななしマン:2016/04/20(水)23:19:49 w4H

彡(゚)(゚)「ほーん。飛行機の羽を逆さまにした部品付ければ速く走れるんか」
彡(^)(^)「沢山つけて速くしたろ!」







1988年 セカテバWMプジョー
1960年代頃からダウンフォース(車体を下に押し付ける力)が重要視され始め、ウィングが流行した
ウィングにより車体が路面に押し付けられるためコーナリング性能が向上した

「流れの綺麗な空気を当てたほうが良いらしい」という事で、なるべく車体から離れた位置にウィングを設置するスタイルが普及
リアのみならずフロントにも設置するマシンが登場したが、強度不足によりウィングが破損するマシンが続出(画像1枚目)
危険と判断されたためウィングを設置できる最大高さに規制がかかる事態となった。

16:ななしマン:2016/04/20(水)23:22:00 jn9

787Bしか知らん

19:ななしマン:2016/04/20(水)23:22:46 w4H

>>16
787B知ってれば十分やで
筑波で本物見たけどカッコ良すぎィ!

28:ななしマン:2016/04/20(水)23:30:01 jn9

>>19
実物羨ましい
ちなワイはプラモデルがかっこ良かったから覚えてたんや

30:ななしマン:2016/04/20(水)23:32:05 w4H

>>28
タミヤの模型作りたいんやけどカラーリング複雑すぎて草
いつかマツダのCカー(717C~MX-R01)の紹介もしたいンゴねぇ
Cカー大好きやから各メーカーの紹介とかやりたいわ

36:ななしマン:2016/04/20(水)23:34:11 7UG

>>28
そんなあなたにMAZDAミュージアムへの見学をオヌヌメ

48:ななしマン:2016/04/20(水)23:43:04 jn9

>>36
サンガツ
面白そうやね
いつか野球観戦がてら行ってみたい

21:ななしマン:2016/04/20(水)23:24:12 w4H

彡(゚)(゚)「あくまでも市販車改造風って言う体でやらなアカンのか。面倒やなぁ」
彡(^)(^)「ま、屋根だけ残してそれっぽい形にしておけば大丈夫だろ!」





1970年代~80年代 グループ5規定(シルエットフォーミュラ)
メーカーの参戦を促すため、市販車の面影を残した改造マシンを競わせるカテゴリ
改造範囲が広かったために開発競争は年々エスカレート
鋼管フレーム、アルミ材を使った専用車体に申し訳程度に市販車の外板を貼りつけ、その他ボディは専用設計
市販車のシルエットをしたフォーミュラカーだという事で通称シルエットフォーミュラと呼ばれる

なお竹槍出っ歯のチバラギ仕様はシルエットフォーミュラを真似した事が始まり

141:ななしマン:2016/04/22(金)20:13:57 rWx

>>21のスカイラインはさらに屋根も切り詰めてるんじゃなかったか
そういえばスマートに隼のエンジン乗っけた変態もいたなぁ

142:ななしマン:2016/04/22(金)20:17:47 Kjl

>>141
彡()()

143:ななしマン:2016/04/22(金)20:34:59 rWx

>>142
これこれ。デザイン(だけ)はかっこいいから人気なのはわかる

そういえばこの前、見間違いだと思うがデルタS4ストラダーレらしき車を見たな

144:ななしマン:2016/04/22(金)20:46:33 Kjl

>>143
鉄仮面Gr.5は現存してるけどGr.C仕様は現存してないんかなぁ
かなC

逆にデルタS4のホモロゲモデルをすぐ連想できる人少ないんちゃうか?
大抵マルティーニカラーの姿くらいしか出てこないだろ
某動画サイトでプロトタイプのテスト映像投稿されてるけど格好いいンゴねぇ

25:ななしマン:2016/04/20(水)23:26:54 w4H

彡(-)(-)「あのチームのマシン強すぎるンゴ」
彡(-)(-)「早速真似したいけどうちには無理や」
彡(゚)(゚)「何か別の方法ないんかなぁ」
彡(^)(^)「せや!後ろにデッカイファンを付けて空気抜いたろ!」





1978年 ブラバムBT46B
F1選手権に登場した通称「ファン・カー」
77年に登場したロータス78に対抗して製作されたマシンである
路面と車体の間に流れる空気の流速を速めることにより、マシンを下へ押し付ける効果がある事を発見したロータスチーム。
マシンのレイアウト上、真似が出来ないブラバムはマシン後方にファンを取り付けることによって強制的に空気を引き抜いてダウンフォースを発生させる事にした。
狙い通りの効果を見せ、見事に優勝したBT46Bだったがレギュレーション違反としてファンカーは禁止となった。
エンジン冷却用のファンという名目のゴリ押しでの参戦だったが、稼働する空力パーツと判断されたため早々に廃止となった

32:ななしマン:2016/04/20(水)23:32:52 7UG

>>25
スリップに入ったらめっちゃ怖かったらしい
飛び石で

38:ななしマン:2016/04/20(水)23:35:45 w4H

>>32
コースアウトした時に巻き上げる砂が何とかっていう話も聞いたことある
余談やけど保管時にファンを被せるカバーはゴミ箱の蓋がピッタリとか書いてて草

27:ななしマン:2016/04/20(水)23:29:37 w4H

ちなBT46のプロトタイプは冷却水を冷やす役割のラジエターを廃して
ボディ表面に特殊な素子を貼りつけて冷却しようとしたんや

見事に失敗してデザイナー涙目

29:ななしマン:2016/04/20(水)23:30:19 nkC

あれ?規約で禁止されたから止めただけで実はそこそこ良い感じなのがいくつかあるな

37:ななしマン:2016/04/20(水)23:34:21 w4H

>>29
いつでも規約を絶妙にすり抜けて才能を発揮する天才デザイナーがいるんや
でも出る杭は打たれるですぐに禁止される

でも規約を絶妙にすり抜けて以下略

31:ななしマン:2016/04/20(水)23:32:43 w4H

彡(゚)(゚)「ファッ!?一からマシン作るのに何で市販車風にせなアカンねん」
彡(゚)(゚)「市販車風のライトくっつけてセリカって書いておけばええだろ」





1982年 トムス童夢・セリカC
1982年より導入されたグループC規定に合わせて製作されたマシン
メーカーから予算を捻出させる苦肉の策として、当時発売されていた市販車風の形状にする事で対応した
なお、トヨタからは600万円しか支援が無かったとか(童夢関係者談)

グループC初期から末期にかけて長く活躍したポルシェ956/962Cと比べると突貫工事で作った感が否めない

同時期ニッサンもスカイラインターボCという世界で唯一のFR駆動グループCカーを導入している

35:ななしマン:2016/04/20(水)23:33:14 ATG

こういうのはグランツーリスモに出てこないか楽しみやで

40:ななしマン:2016/04/20(水)23:37:19 w4H

彡(^)(^)「前輪をママチャリみたいな細いタイヤにして空気抵抗減らせば速いんちゃう?」
彡(^)(^)「日本の企業が拾ってくれたし実戦デビューするやでー」





2012年 デルタウィング
その名の通り上から見るとデルタ形状の特異なフォルムが特徴
元々はインディーカーシリーズ用にデザインしたマシンだったが却下されたためお蔵入りに・・・なるかと思いきや
ニッサンのプロジェクトに拾われてまさかのル・マン24時間レースデビュー

決勝は他車との接触によりリタイヤしたものの、まずまずの性能を発揮した

その後ニッサンはプロジェクトから離脱、デルタウィングのデザイナーがそっくりなマシンをZEOD‐RCとして再登場させて訴訟問題に発展するがまたそれは別のお話

45:ななしマン:2016/04/20(水)23:41:02 w4H

彡(^)(^)「今流行のガスタービンエンジン積んだ車作るやで~」
彡(゚)(゚)「エンジン積んだら人乗る場所が無くなってしまったわ」
彡(^)(^)「邪魔やから端の方に寄せておこ!」





1964年 Hurst Floor Shift Special
アメリカで開催されるインディ500に参戦するために製作されたマシン
当時は市販車、レーシングカー共に未来の動力源としてガスタービンエンジンの使用が研究されていた
そんな中で実践投入されたマシンが Hurst Floor Shift Specialである

残念ながら予選でクラッシュしたため本戦には出場できず能力は未知数

アクセルの入力に対するレスポンスが遅いという欠点を持つガスタービンエンジンであるが、楕円状のオーバルコースで
開催されるインディ500ではレスポンスの問題はそこまで問題にならなかったようで67年、68年のインディ500では優勝一歩手前という結果を残している

その後参加者からの抗議があり事実上の締め出し、F1を含め世界的にガスタービンエンジンは禁止となり姿を消した

59:ななしマン:2016/04/20(水)23:51:11 nkC

>>45
これを参考にしたのかしら…?

46:ななしマン:2016/04/20(水)23:41:46 29z

面白いなあ

52:ななしマン:2016/04/20(水)23:45:55 w4H

1970年代 タイフーン改/ZAKSPEED(レーシングカート)
後にF1にも参戦するザクスピードが製作したレーシングカート
タイフーン製のフレームを大幅改造し、2ストローク100ccエンジンを4基搭載。タイヤは8輪とした
100kg弱の車重ながら90馬力を発生するモンスターマシンである

勿論レースに参加出来るマシンでは無いためお遊び又はトレーニング用のマシンだと思われる





54:ななしマン:2016/04/20(水)23:48:08 w4H

あと3つやで
書き溜め投入するだけやとあっという間やなぁ

65:ななしマン:2016/04/20(水)23:53:17 Y97

GT2のエスバスとかいう化け物
あれ実際に存在してたんですかね…

67:ななしマン:2016/04/20(水)23:54:55 w4H

>>65
当時のルノー所属ドライバーのアランプロストが乗ってる映像見たことあるやで
ミニバン世界選手権の妄想するだけで時間潰せるンゴねぇ

72:ななしマン:2016/04/20(水)23:57:42 Y97

>>67
そうなんか
でもミニバンにF1のエンジンぶち込むとか本当何考えてるんですかね…

73:ななしマン:2016/04/20(水)23:58:24 w4H

>>72
Y97君のおかげで1台思い出したやで
一通り貼り終わったら似たような車紹介するわ

66:ななしマン:2016/04/20(水)23:53:50 w4H

彡(゚)(゚)「今度の規則は1年の間に200台以上生産している市販車を改造したマシンで戦うんやな」
彡(゚)(゚)「え?特別モデルを20台製作すればそれも参加してええんか?」
彡(^)(^)「その辺の乗用車に500馬力のエンジンぶちこんだろ!」











1982年-86年 グループB(世界ラリー選手権)
連続する12か月間に200台生産すればよいという緩い規定に加え、エボリューションモデルの公認により過激化の一途を辿った
規定発足後の初期段階では市販車改造程度に留まっていたが、年々開発競争が激化
鋼管スペースフレームで車体を構成し、エンジン搭載位置をフロントからリア(ミッドシップ)に変更
500馬力以上とも言われたパワーをフルタイム4WDで路面へと伝える怪物マシンとなった

市販車の面影を残したモンスターマシンが悪路を疾走するグループBは観客を虜にしたが、あまりにも速くなり過ぎたため重大事故が多発。86年を最後にグループBは終焉を迎える

グループB消滅によりお蔵入りとなったが、グループBの進化型としてグループS規定が構想され、実際に試作マシンが製作されていた。
10台のみ生産すれば参戦が許可されてるという規定のため、その風貌はもはやプロトタイプレーシングカーそのものである(画像1枚目)

77:ななしマン:2016/04/21(木)00:00:10 CUl

>>66
MAZDAのグループS開発車両が
スクラップに出したはずなのに
北海道のチューナーがスクラップ屋から見つけて
再生したのには笑った

82:ななしマン:2016/04/21(木)00:02:37 PDO

>>77
あの車両そんなエピソードあったんか
トヨタの222Dも現存しとるしランチアのS車両もレストアされて元気に走ってるなぁ

ほんま頭おかC

83:ななしマン:2016/04/21(木)00:03:23 PDO

彡(゚)(゚)「デルタウィング、ZEOD RCに続いて頭のおかしいマシン作りたいなぁ」
彡(゚)(゚)「奇形であれば奇形であるほどワイの才能が生かせるんや」
彡(^)(^)「せや!フロントにエンジン積んで前輪で駆動させたろ!」









2015年 日産GT-R LM NISMO
WEC(世界耐久選手権)用に製作されたマシン
デルタウィング、ZEOD RCを担当したベン・ボウルビーがデザイン

ル・マン24時間レースなどを戦うスポーツプロトタイプカーは一部例外を除き1960年代頃からミッドシップレイアウトが主流であるが、何を血迷ったかFFレイアウトマシンを導入。空力を考えると総合的にFFが理想的らしい(デザイナー談)

WEC第1戦、第2戦を欠場し、実践デビューとなった第3戦。ル・マン24時間レースに3台のマシンを送り込んだ
このレースにおける最高峰クラスであるLMP1マシンとしてエントリーしたものの、あまりの遅さにグリッド降格処分
下位クラスより後ろでスタートするという屈辱的な始まりとなった

肝心のレース結果であるが、
・スタート10分後に1台リタイヤ
・残り1時間の所で1台リタイヤ
・もう1台はチェッカーを受けたが規定周回数に満たず完走扱いとはならず

この結果を受けて第3戦をもって参戦休止、マシンの開発に専念するとの事だったが2016年シーズンの参戦も休止するとの発表がされた。LMP1プロジェクトの責任者も辞職した為、今後このマシンが再び表舞台に立てる可能性は低い

86:ななしマン:2016/04/21(木)00:05:11 CUl

>>83
21世紀最大の変態レーサー

90:ななしマン:2016/04/21(木)00:08:14 PDO

>>86
ワイは擁護派やったけどお粗末すぎて草も生えんかった
開発に関わってないニスモへの熱い風評被害

87:ななしマン:2016/04/21(木)00:05:35 2bF

>>83
だ、だせぇ

91:ななしマン:2016/04/21(木)00:09:54 PDO

>>87
今のF1のトレンドになってるノーズ形状も90年代初期はバナナノーズだのナマズだの
小馬鹿にされてたみたいだから多少はね?

92:ななしマン:2016/04/21(木)00:10:49 PDO

用意してた分は最後やで
ネタ枠







1980年? LION F1
詳細不明なF1(?)マシン
ガスタービンエンジンを搭載する12輪マシンであるが、80年代の時点でガスタービンエンジン、4輪以上のF1マシンが規則上認められていたかは不明。日本語の解説付きでオートスポーツに掲載されていた物を見た事があるが画像が見つからないため詳細は不明である。

94:ななしマン:2016/04/21(木)00:11:31 2bF

新旧シャパラル
技術向上で羽さえも不要に



97:ななしマン:2016/04/21(木)00:13:14 PDO

>>94
規制さえなければグランドエフェクトカーにファンくっつけて何でもありにすれば
ウィングなんてポーイやね

実際70年代後半はフロントウィングレスマシンもあっただろ確か(曖昧)

95:ななしマン:2016/04/21(木)00:11:54 TCd

GT4を兄貴がプレイしてるの横で見てたからトヨタ7くらいなら知っとる
あとどこで知ったかは知らんけどシャパラル2J

98:ななしマン:2016/04/21(木)00:14:47 PDO

>>95
ゲーム久しくやってないけど70年に発表されたトヨタ7ターボやね
シャパラル2Jが出ていたCAN-AMシリーズに出る計画もあったらしいけど
オイルショックで立ち消え。ニッサンR383も同じ運命やったね

96:ななしマン:2016/04/21(木)00:12:35 9lc

このまま行けば最終的には全部同じデザイン同じ性能に行き着くんかねえ

100:ななしマン:2016/04/21(木)00:17:42 PDO







1988年 アルファロメオ164 プロカー
究極の羊の皮を被った狼
外装は市販車風であるがエンジンは当時のF1の物を流用
このマシンを使用したレースが計画されていたが頓挫

107:ななしマン:2016/04/21(木)00:24:01 PDO

F1 エアロパーツもろもろ

風洞試験装置、解析装置(CFD)の性能向上により現代のF1は空力全盛を迎える
その過程で生まれた試行錯誤の数々







117:ななしマン:2016/04/21(木)00:33:09 CA4

>>107
なんでかわからんけどタバコの広告はカッコ良く見えるンゴねぇ

119:ななしマン:2016/04/21(木)00:34:06 PDO

>>117
JPS、マールボロ、ジタン、ロスマンズ、キャメル、ウェスト
他にも沢山あっただろけどほんまカッコええと思うわ

109:ななしマン:2016/04/21(木)00:25:13 PDO





110:ななしマン:2016/04/21(木)00:25:53 2bF

>>109
もうこの辺からダサさに歯止めがきかなくなってきたよね。

このあたりからF1見なくなった

113:ななしマン:2016/04/21(木)00:28:25 PDO

>>110
単純にF1のスタイリングだけでいえば90年代前半、ギリギリ94年までかなぁ
「勘やけど、こうしたほうが速いんちゃう?」って言うシンプルな感じの形状すこ

112:ななしマン:2016/04/21(木)00:28:07 CUl

グラウンドエフェクト末期のF1好きなんやけどなぁ
ベンチュリ復活だけで大分デザイン変わるのに
おしいねぇ

114:ななしマン:2016/04/21(木)00:30:24 PDO

>>112
ロータス79は最高に美しいマシンやと思う
現代の技術でリベットとか廃したカーボンモノコックで再現したらもっと格好良いだろなぁとか妄想するで

まぁでも結構ヤバい事故も起こってるし、一部の例外除いて再導入は難しいだろな

116:ななしマン:2016/04/21(木)00:33:00 PDO





1980年 ベスパ(パリダカールラリー)
1979年に始まったパリ~ダカールラリー
当時は何でもありの冒険ラリーだった
そんな中で登場したのがベスパのワークスマシン(だと思う)
4台出場して2台完走したというんだから恐ろしい

118:ななしマン:2016/04/21(木)00:33:50 2bF



この頃のフェラーリは憎たらしいくらい
朝青龍くらい強かったンゴねー

120:ななしマン:2016/04/21(木)00:34:58 PDO

>>118
今のメルセデスと同じような感じやったね
はいはいどうせシューマッハだろみたいな

126:ななしマン:2016/04/21(木)09:13:59 Jhf

とりあえずタイヤふやせばええだろみたいな風潮で草

124:ななしマン:2016/04/21(木)00:39:32 PDO

用意したもん全部出したしこんなもんかな?
何かあれば質問でも何でも受け付けるけど何もなければこの辺りで

見てくれてありがとやで










( *`ω´) <チャレンジ精神が空回りして間違った方向に進んでしまったみたいな…
( *`ω´) <詳しく無いから見てて面白かったな~
( *`ω´) <ありがとうございました!!

ネタ元: 変な形のレーシングカーの画像貼っていく
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1461161348/
( *`ω´) <もっと見とく?
( *`ω´) <話題のネタを見とく?

笑える雑談・ユニークなネタ全般の関連タグ一覧

この記事のコメント一覧になります
大人向けのキーワードや差別・誹謗中傷っぽいキーワードは『NG』になることが多いです。
コメント欄


コメント ※禁止キーワード → http://(hを抜いてください。)

( *`ω´) <こっちもオススメやで。
帰ってきたブログマンBTT
管理人の独り言
熱情の律動

【報告】
ごめんなさい。ブロマガ通りました。移転します。堅苦しいネタはやめてライトなネタ中心のまとめでやっていこうと思います。
(FC2の二次元規制から解放されるので)

デザインを依頼したのですが、二ヶ月経っても全く作業が進んでいなかったので、一度移転作業を打ち切りました。他にも色々とあるので、落ち着くまでいったん移転作業を保留にしたいと思います。
アユネットドットコム
↑それまでこちらで楽しんで頂けると有り難いです。

スポンサードリンク
厳選ピックアップ
新着記事
オススメ記事
帰ってきたブログマンBTT
今日のブログマンニュース