思想や歴史、サブカルや観光地・旅行などの情報を解説つきでお伝えします。
Top | Info | RSS | Twitter | Mail |
帰ってきたブログマンBTT

【EU離脱】トランプ氏が英国のEU離脱決定を評価…!?「人々は外国にきて(国を)乗っ取ろうとする者たちに怒っている」…正気か…!? | 帰ってきたブログマンBTT

帰ってきたブログマンBTTは、強く生きる為に役立つ知恵を補填する情報サイトです。
( *`ω´) <特選情報だよ!ブログマン!
( *`ω´) <オススメだよ!ブログマン!
スポンサードリンク
サイト内記事検索&キーワード検索:
タグ: EU離脱  イギリス  ニュース  海外の情報  ドナルド・トランプ  アメリカ  
2016年06月25日 13:34

コメント数: 0コメ
カテゴリ:
トランプ氏が英国のEU離脱決定を評価…!?「人々は外国にきて(国を)乗っ取ろうとする者たちに怒っている」…本気で言っているのか…!?

トランプ氏の発言についてちょっとだけ。
アメリカの共和党大統領候補であるドナルド・トランプ氏がまたまた問題発言をしたそうなので、取り上げてみたいと思います。

英国の欧州連合(EU)離脱の件は既に多くの方が知るところだと思います。皆様にも色々と思うところがあると思いますが、トランプ氏が明らかにピントがズレている発言をしているので、その辺の情報も取り上げながらご紹介できればと思っております。

という訳で─。
トランプ氏の英国の欧州連合(EU)離脱に対する発言と日本人の反応をピックアップしたいと思います。 By 帰ってきたブログマンBTT
スポンサードリンク
( *`ω´) <参考記事だよ!ブログマン!
( *`ω´) <関連記事だよ!ブログマン!

トランプ氏、EU離脱決定を評価 「英国民は自国の統治権を取り戻した」「人々は外国にきて(国を)乗っ取ろうとする者たちに怒っている」


1:ななしさん:2016/06/25(土) 05:04:14.05 ID:CAP_USER9.net

英は統治権奪還=EU離脱決定を評価-トランプ氏


米大統領選で共和党の候補指名が確実となっている実業家ドナルド・トランプ氏は24日、訪問先の英北部スコットランドで、英国の欧州連合(EU)離脱が国民投票で決定したことに関し、英国民は「自国の統治権を取り戻した。素晴らしい」と評価した。

トランプ氏はスコットランドに所有するゴルフ場の開所式に出席するため訪英。記者団に「人々は外国に来て(国を)乗っ取ろうとする者たちに怒っている。英国や米国、世界のあちこちでいろいろなことに怒っている。これが(人々が怒りを表明する)最後ではない」と指摘した。(記事の詳細はこちらから

このニュースの情報元はこちら
英は統治権奪還=EU離脱決定を評価-トランプ氏時事ドットコム







「えぇ・・・」


アメリカ建国以後のインディアン


ヨーロッパの白人による北米の征服は、中南米より1世紀遅れて始まった。先住民のインディアンは伝統を守って平和に暮らしていたが、白人植民者の侵入により運命が一変する。

当時、北米大陸に侵略してきた白人は、イギリス人、フランス人、スペイン人だったが、イギリス人と出合ったインディアンの運命が一番悲惨だった。フランス人は毛皮に、スペイン人は貴金属に、イギリス人は土地(領土)に関心があったからだ。フランス人やスペイン人にとって先住民の抹殺はさほど得策ではなかった。

イギリスで食い詰めた移民たちは、新大陸で広大な土地を入手できるという宣伝を信じこんで太平洋を渡ってアメリカにやってきた。そして先住民との土地争奪戦が始まった。イギリス人はインディアンに無理やり契約書に署名させ、合法的といって騙し、脅して、次々にインディアンの土地を収奪した。1789年のアメリカ合衆国建国以来、土地所有をめぐってインディアンと白人との間に結ばれた条約・協定は300を超えたが、そのほとんどすべてが反故にされた。

当初の白人移民の飢えと苦難を救ってくれたのは友好的インディアンたちだったのだが、白人はその恩をあだで返したわけだ。(記事の詳細はこちらから

このニュースの情報元はこちら
アメリカ建国以後のインディアンインターネット最高傑作リンク集







「本当にそれを言ってもいいのかい?」



「人々は外国に来て(国を)乗っ取ろうとする者たちに怒っている。英国や米国、世界のあちこちでいろいろなことに怒っている。これが(人々が怒りを表明する)最後ではない」




ネイティブアメリカンは「ジェノサイド」を受けたか、女子大生の授業締め出し問題が世論で注目


ジョンソンさんがオンライン・ニュースのICTMNに対して語ったところによれば、ウジスメン教授は米国開拓史を説明するなかで「ジェノサイド」という言葉を用い、その後、すぐに「この言葉は出来れば使いたくない。これは起きたことを表現するのはあまりに強烈な言葉だからだ」と語り、そのあと「ジェノサイドとは意識的に人間を根絶することだが、米国先住民の大部分は欧州人が持ち込んだ病気によって死亡した」と説明している。(記事の詳細はこちらから

このニュースの情報元はこちら
ネイティブアメリカンは「ジェノサイド」を受けたか、女子大生の授業締め出し問題が世論で注目Sputnik 日本

3:ななしさん:2016/06/25(土) 05:06:01.09 ID:QSvzvK+V0.net

だったらアメリカをインディアンに返せよバカ



インディアン(ネイティブ・アメリカン)って?
ネイティブ・アメリカン(Native American ネイティヴ・アメリカン)とは、アメリカ合衆国の先住民族の総称である。

1492年にヨーロッパ系白人が現在の北米地域に到達する以前に、現地に居住していた民族を総称していう。この集団のアイデンティティ形成には、地域文脈、居住地域における同胞民族の存在、ネイティブアメリカン特別保留地との距離等の要素が関連する。2013年現在、連邦政府が認める部族集団は566、州政府レベルではさらに70の集団が存在するといわれる。

「アメリカインディアン」はこの呼称を公式に承認しておらず、彼ら自身は1977年にスイスの国連先住民会議に代表団を送り、満場一致で「我々の民族名はインディアンである」と公式に議決表明している。 (出典:Wikipedia


アメリカ・インディアンの教えって?
「与えれば与えるほど、良き事があなたには訪れる。」
「泣くことをおそれずに。泣くことは、悲しみにあふれたあなたのこころを解き放つ。」
「感謝する理由がみつからなければ落ち度はあなた自身にある。」
「親切とは、言葉をつつしみ、人を傷つけないように心がけることだ。」
「素晴らしい夢を見てそれを行動に移せ」
「過去を忘れ、心から痛みを消し去れ。どんな強い人間もそんな重荷に耐え続けることはできない。」

インディアンの十戒って?
一、大地とその上に住むものすべてを敬意をもって扱いなさい。
二、偉大なる精霊(精神)を保存しつづけなさい。
三、あなたの仲間に大いなる敬意を示しなさい。
四、すべての人々(人類)のために手を携えて働きなさい。
五、必要とされたなら場所を問わず援助と親切を与えなさい。
六、自分が正しいとわかっていることを実行しなさい。
七、心と体をいい状態に保つために気をつけなさい。
八、あなたの努力の一部を善行に捧げなさい。
九、いつも真実をみつめ、正直でいなさい。
十、自分の行動について全責任を負いなさい。(出典:NAVER まとめ

754:ななしさん:2016/06/25(土) 07:57:10.77 ID:VY43Kwkg0.net

>>3
君は馬鹿だな
乗っ取りに来た人間からハイお返ししますというのは
無いから国民が立ち上がって追い返すんだよ

そろそろ日本独自の経済や国策なんて考えるだけではダメ
国民独り々が独立の気概を持たないとな

208:ななしさん:2016/06/25(土) 06:35:43.81 ID:a9rP4iYM0.net

>>3
前提として自分たちの利益を最大限に考えるというのは当たり前だ
なぜ被征服民族のことを気にかける必要がある?
世の中は平等ではない

700:ななしさん:2016/06/25(土) 07:49:58.99 ID:mrpLqx5E0.net

>>208
そっくりそのまま移民・難民の主張で通るね
白人が原住民を征服
移民・難民が白人を征服

745:ななしさん:2016/06/25(土) 07:55:14.89 ID:HAgJBluJ0.net

>>208
ダブスタw

4:ななしさん:2016/06/25(土) 05:06:02.94 ID:WEBCe5Z80.net

さすがドナルド

5:ななしさん:2016/06/25(土) 05:09:10.08 ID:ct++o59B0.net

大英帝国  もうちょっと今の世界の動きを考えて選択してほしかった
でも 住民投票だから どうしようもねーな



最大の危機に直面=ドミノ離脱の恐れ―EU


欧州連合(EU)は、英国民が自ら進んで離脱を選択し、正面からEU統合を否定したことに大きな衝撃を受けている。

原加盟の6カ国から28カ国に膨らんだ拡大路線は頓挫を余儀なくされた。各国で今後、国民投票が実施され、英国に続く「ドミノ離脱」に発展する可能性もある。EUは発足以来、最大の危機を迎えた。

トゥスクEU大統領は投票前、英国が離脱を選択すれば「(EU)分裂に向けた第一歩になる恐れがある」と警告。恐れていた離脱が現実となった。(記事の詳細はこちらから

このニュースの情報元はこちら
最大の危機に直面=ドミノ離脱の恐れ―EUYahoo!ニュース

815:ななしさん:2016/06/25(土) 08:04:08.45 ID:QCLPa7Un0.net

>>5
世界の動きって何だよ、馬鹿。

諸個人の人生の問題だよ。

552:ななしさん:2016/06/25(土) 07:32:03.47 ID:EdX1AWBj0.net

>>5
そこが日本との違いだね
日本は基本国内キツくても国連拠出金やODAなんかなくせばいいのになくさない
移民なんかの受け入れはしないくせに在日保護は国民より手厚い
対外捨てて国内を取っただけなんだけど連合王国の絆まで切るかもしれない難しい問題だよな
理想を目指し統一を目指すとはいえ陸続きの欧州は多民族でもあるしまず無理だろう
できてたらとっくに一つの国になってる

753:ななしさん:2016/06/25(土) 07:57:05.85 ID:Zj0LSEZw0.net

>>552
アホか
大戦の反省から出来たEUは
まだまだこれからだろ
何がとっくにだよ。歴史知らんのか



欧州連合って?
欧州連合(European Union)は、欧州連合条約により設立されたヨーロッパの地域統合体。

連合は人間の尊厳に対する敬意、自由、民主主義、平等、法の支配、マイノリティに属する権利を含む人権の尊重という価値観に基づいて設置されている。これらの価値観は多元的共存、無差別、寛容、正義、結束、女性と男性との間での平等が普及する社会において、加盟国に共通するものである。

欧州連合の前身である欧州共同体は当初、6か国が加盟して発足したが、2013年7月にクロアチアが加盟したことにより以下の28か国が欧州連合に加わっている。(出典:欧州連合








( *`ω´) <スイスwww

802:ななしさん:2016/06/25(土) 08:02:10.76 ID:V3ND70gI0.net

>>753
大戦の反省が諸悪の根源
第一次大戦の賠償負担がヒトラーを生んだ
第二次大戦のヒトラー批判がリベラル強制につながってる
価値観のもぐら叩き現象

9:ななしさん:2016/06/25(土) 05:11:27.82 ID:/3rJFfk50.net

EUなんていつまでももつものじゃない
これが自然の流れというものだ

10:ななしさん:2016/06/25(土) 05:12:14.14 ID:ct++o59B0.net

「イギリス」という国は これから繁栄せんな

11:ななしさん:2016/06/25(土) 05:13:32.61 ID:ras551puO.net

トランプは離脱派の元ロンドン市長と似てるよな。
元ロンドン市長のタックルを超えるパフォーマンスは無い。

14:ななしさん:2016/06/25(土) 05:16:52.12 ID:JJFW1wtF0.net

国を乗っ取ったアメリカの白人に言われてもな。

18:ななしさん:2016/06/25(土) 05:18:05.97 ID:OfM3Ou0KO.net

移民を入れれば入れるほど乗っ取られるリスクは高まるのは道理だからね

26:ななしさん:2016/06/25(土) 05:22:39.03 ID:x3VGYElg0.net

お前の血筋は乗っ取り側だろw

16:ななしさん:2016/06/25(土) 05:17:09.19 ID:IcKXAb5V0.net

トランプ大統領が現実味を帯びてきたわ。




( *`ω´) <アメリカで正義を語れば語るほど矛盾が生じてしまうというね…。
ネタ元: トランプ氏、EU離脱決定を評価 「英国民は自国の統治権を取り戻した」「人々は外国にきて(国を)乗っ取ろうとする者たちに怒っている」
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1466798654/
( *`ω´) <もっと見とく?
( *`ω´) <話題のネタを見とく?

海外の情報・海外ニュースの関連タグ一覧

この記事のコメント一覧になります
大人向けのキーワードや差別・誹謗中傷っぽいキーワードは『NG』になることが多いです。
コメント欄


コメント ※禁止キーワード → http://(hを抜いてください。)

( *`ω´) <こっちもオススメやで。
帰ってきたブログマンBTT
管理人の独り言
熱情の律動

【報告】
ごめんなさい。ブロマガ通りました。移転します。堅苦しいネタはやめてライトなネタ中心のまとめでやっていこうと思います。
(FC2の二次元規制から解放されるので)

デザインを依頼したのですが、二ヶ月経っても全く作業が進んでいなかったので、一度移転作業を打ち切りました。他にも色々とあるので、落ち着くまでいったん移転作業を保留にしたいと思います。
アユネットドットコム
↑それまでこちらで楽しんで頂けると有り難いです。

スポンサードリンク
厳選ピックアップ
新着記事
オススメ記事
帰ってきたブログマンBTT
今日のブログマンニュース