思想や歴史、サブカルや観光地・旅行などの情報を解説つきでお伝えします。
Top | Info | RSS | Twitter | Mail |
帰ってきたブログマンBTT

【政治】左翼が『集団的自衛権反対!自衛隊いらない!』って言ってるけどさ・・・他国に侵略されたらどうするの・・・!? | 帰ってきたブログマンBTT

帰ってきたブログマンBTTは、強く生きる為に役立つ知恵を補填する情報サイトです。
( *`ω´) <お気に入りだよ!ブログマン!
スポンサードリンク
サイト内記事検索&キーワード検索:
タグ: 左翼  政治  集団的自衛権  中国  自衛隊  
2016年07月10日 22:39

コメント数: 3コメ
カテゴリ:
【政治】左翼が『集団的自衛権反対!自衛隊いらない!』って言ってるけどさ・・・他国に侵略されたらどうするの・・・!?

戦争法案反対についてちょっとだけ。
『戦争反対』と主張する自称・左翼思想の活動家たちに『中国が本格的に攻めてきたらどうするの?絶対に仕掛けてこないって言い切れるの?』と言いたくなることが多々ある訳ですよ。自称・左翼思想の方々は決まってこう答える訳です。『話し合いで解決するべき』だと。確かに理想的な主張ではあるのですが、効果的かといえばそうでもないんですよね…。

これは例えなんですけど…、織田信長は本能寺の変で明智光秀の謀反により自害して死んでしまった訳なんですが、抗戦せずに話し合いを選択すれば死なずに済んだと言っているのと大差無いんですよね。武器を持って戦ったから死んでしまったのだと。自称・左翼思想の言い分だとそういうことになる訳なんです。普通の人は『援軍が来るまで抗戦し続けることができる兵力くらい連れて行こうよ』と思う訳なんですけど…。

『備えあれば憂い無し』とはまさにこのことで、明智光秀も無謀な戦いだと気づき、本能寺の変は起きなかったと思うんですよねぇ。あの謀反は、チャンスを与えてしまった信長に落ち度があったのではないのかと。そうは思えないでしょうか。

例えが悪いと言われそうですけども、攻めてくる相手の気持ちを考えると割と良い例なんじゃないかなと思うのですが…いかがでしょう。

てな訳で─。
平和ボケした自称・左翼思想の方々の言い分について議論しているスレッドを取り上げて見たいと思います。 By 帰ってきたブログマンBTT
スポンサードリンク

左翼「戦争反対!!集団的自衛権いらん!話し合いで解決!!」ぼく「向こうから殴られたらどうすんだよ」ボソッ


女性誌が「戦争法案」「徴兵制」などレッテル貼りの特集記事を続々掲載 主婦層に「安保法案反対」広まった一因か


子供を持つ主婦を主な読者層とする女性誌で、安全保障関連法案の特集が相次いでいる。自分の子供が将来、戦場へ送られるのでないか-という母親の懸念を背景に、誌面は「“戦争をできる国”にしようとする安保法案」「新たな徴兵制の可能性」など根拠なきレッテル貼りがあふれる。政府は国会審議などを通じて「法案の重要性を丁寧に説明する」(菅義偉官房長官)ことで、安保法案への理解を深めたい考えだが、法案の参院採決を控え、母親の不安をあおるような誌面が続けば、政権へのダメージにもつながりかねない。

「支持者の集まりに顔を出すと『うちの息子は兵隊にとられちゃうのか?』といわれて参った」。自民党のベテラン議員はこうぼやく。

女性週刊誌では「安保法案イコール戦争法案、徴兵制」とイメージさせる記事が増えている。

「女性自身」(光文社)は8月18、25日号「私の70年談話」で、作家の澤地久枝氏の「安倍首相の暴走で政治は無残なもの。この国はこのまま行くと必ず徴兵制を敷く」とのコメントを掲載した。

一方、「女性セブン」(小学館)の8月20、27日号「永久保存版 70年目の夏に考える 日本と戦争」では、有識者が「何か起きたときにいつでも国民を徴兵できるかどうかというと、できないのは日本くらい」で、「欧米にあるのは国を維持するために守るのも国民という意識だ」と指摘した。(記事の詳細はこちらから

このニュースの情報元はこちら
女性誌が「戦争法案」「徴兵制」などレッテル貼りの特集記事を続々掲載 主婦層に「安保法案反対」広まった一因か産経ニュース


関連画像・関連リンク




1:ななしさん:2016/07/09(土) 09:22:03.362 ID:+cUTU9VLa.net

左翼「戦争反対!!集団的自衛権いらん!話し合いで解決!!」
ぼく「向こうから殴られたらどうすんだよ」
左翼「なんだこいつ!!出ていけ!ぶっとばすぞ!おら!出ていけ!!」

話し合いとはなんなのか

2:ななしさん:2016/07/09(土) 09:22:23.476 ID:w+xQkGvE0.net

脳内左翼

6:ななしさん:2016/07/09(土) 09:23:51.915 ID:K3bmf3rRa.net

脳内どころか実際こうだし


( *`ω´) <Twitterで戦争法案反対!って言ってる人に反対意見を言えば納得できますよ。

4:ななしさん:2016/07/09(土) 09:23:12.667 ID:f+6Ey15xr.net

無抵抗とは美学そのもの
右の頬を叩かれたら左も差し出す心構え


( *`ω´) <キリスト教の教えでしたっけ?キリスト教を信仰している国って大抵は『目には目を!歯には歯を!』の方針ですけどね。

9:ななしさん:2016/07/09(土) 09:24:34.455 ID:QTbOL5Sxr.net

>>4
そして殺され、金を奪われる

14:ななしさん:2016/07/09(土) 09:25:43.795 ID:2f9PyRal0.net

でもパヨクは「日本国が非暴力」であることを望んでるだけで
パヨク自身は外敵はもちろん内敵に対しても暴力振るいまくりだからな
安心して近づくとすぐ殺される

16:ななしさん:2016/07/09(土) 09:27:54.557 ID:pV+BCptBK.net

軍事力がないと話し合いもさせてもらえないんだな

18:ななしさん:2016/07/09(土) 09:30:45.872 ID:X0qmVNyv0.net

ドラえもんのいるのび太とドラえもんのいないのび太
ジャイアンがいじめやすい、漫画やゲームを奪いやすいのはどっち?

25:ななしさん:2016/07/09(土) 09:36:00.575 ID:aG/gJc0o0.net

>>18
こういう単純化って度が過ぎると頭が悪く見えるからやめた方が良いと思う

27:ななしさん:2016/07/09(土) 09:37:03.157 ID:X0qmVNyv0.net

>>25
でもわかりやすいだろ?
調子にのったら痛い目に会うのも正しいんだから

28:ななしさん:2016/07/09(土) 09:38:23.648 ID:RdgFNEym0.net

ジャイアンは出来杉には手を出さないからその例は厳密じゃないんだよなぁ…

31:ななしさん:2016/07/09(土) 09:42:13.794 ID:X0qmVNyv0.net

>>28
そりゃ弱そうなやつ、反撃しなさそうなやつ狙うだろうしな

34:ななしさん:2016/07/09(土) 09:44:08.421 ID:0uZHf6yK0.net

自衛隊は即時解散し、中立宣言をするべき

41:ななしさん:2016/07/09(土) 09:47:07.737 ID:+cUTU9VLa.net

>>34
スイスの永世中立国を引き合いに出したいんだろうけどスイスは
「戦争なんて誰の味方にもならんけど俺にちょっかいかけたらぶっ殺す」ってことで軍隊は持ってるぞ

早い話集団的自衛権を放棄してるだけであって自衛の実力は保有してる

36:ななしさん:2016/07/09(土) 09:45:07.641 ID:+cUTU9VLa.net

ドラえもんの例で例えなくても竹島や尖閣を実行支配されてる時点で話し合いも何もする気ないって気づけよ

70:ななしさん:2016/07/09(土) 10:11:02.492 ID:0rmW5h+Ad.net

自衛隊を無くした上で強気に主張する


気のせいかもしれんけどつまり武器を捨てた上で相手に大義名分あたえてる最悪のパターンな気がするんだけど

73:ななしさん:2016/07/09(土) 10:13:00.575 ID:MUgYbbK9a.net

自衛隊なくさずに中国に協力すればいい
スイスもナチスに協力して侵略免れただろ


( *`ω´) <アメリカと敵対しろってことか。

81:ななしさん:2016/07/09(土) 10:22:35.341 ID:kNIcMXXNH.net

いっその事ノーガードで


( *`ω´) <捨て身だから戦う意思はあると思うんだよね。

84:ななしさん:2016/07/09(土) 10:23:41.623 ID:zahBz+Er0.net

金のためだぞ
主義主張も金のためのコント

87:ななしさん:2016/07/09(土) 10:24:24.614 ID:3vi0Nyi9a.net

共産党がスターリンやポル・ポトに触れられると露骨に話を逸らしたがる…

91:ななしさん:2016/07/09(土) 10:26:08.357 ID:VMbaQqcKa.net

まず話し合いで隣国の領空進入領海進入密漁を解決してみろという

92:ななしさん:2016/07/09(土) 10:26:59.911 ID:gSAQf0XY0.net

この前のテロ見て思ったけど話し合いでは解決できないだろ
金だよ 集団的自衛権なんていらん 金で解決

94:ななしさん:2016/07/09(土) 10:28:39.686 ID:VMbaQqcKa.net

金で解決とかカモになる未来しかみえないんですがそれは

98:ななしさん:2016/07/09(土) 10:31:30.806 ID:UmSd6mArK.net

向こうから殴られたらどうすんの?て…

だからって日本がチャチな武力持ってどうにかなるわけじゃねえやん

103:ななしさん:2016/07/09(土) 10:33:17.596 ID:6+/Xiik+a.net

>>98
じゃあ予算足さなくちゃな

115:ななしさん:2016/07/09(土) 10:37:31.410 ID:UmSd6mArK.net

>>103
予算足したところで焼け石に水だろ

120:ななしさん:2016/07/09(土) 10:40:06.072 ID:6+/Xiik+a.net

>>115
米軍様が出張るまで耐えればいけるんじゃね

101:ななしさん:2016/07/09(土) 10:32:22.851 ID:SR+NYjzA0.net

一度でも殴られて骨肉を削られた人ならこんな事言わないよね
少しは痛みというものを知ったほうがいいよね

108:ななしさん:2016/07/09(土) 10:36:05.117 ID:0w8wN/bkd.net

>>101
身内で殺しまくってる連中が言ってるんだぞ?

102:ななしさん:2016/07/09(土) 10:32:56.378 ID:hdbsColFH.net

殴り返してどうすんの?
殴られた時点で決着つくかもしれないのに


( *`ω´) <その殴るという選択肢を難しくする必要がある訳でね…

105:ななしさん:2016/07/09(土) 10:33:38.548 ID:SR+NYjzA0.net

右翼の権化みたいな扱いされるヒトラーもやってる事はまっ赤

109:ななしさん:2016/07/09(土) 10:36:11.994 ID:uzBtSO9f0.net

集団的自衛権とかやってるからバングラデシュで標的にされるんだよなあ

122:ななしさん:2016/07/09(土) 10:41:32.862 ID:B3waULwH0.net

>>109
あれ、日本人がたまたま居ただけで、
裕福層御用達の建物を狙った犯行って線が強いぞ
人種で言うなら、イタリア人は拷問を受けていたらしいのでそちら狙いが強い

140:ななしさん:2016/07/09(土) 11:23:23.551 ID:zs4pap340.net

>>122
最初から全員殺すつもりだし
拷問もせず早い段階で殺してたってことは
「興味が無い」ってことだろうね
敵意も好意もないただ居合わせただけ

121:ななしさん:2016/07/09(土) 10:40:56.223 ID:YaouJjB2a.net

話し合いが通じる相手じゃないガイジとどう話し合いするんですか?

141:ななしさん:2016/07/09(土) 11:25:40.411 ID:zs4pap340.net

>>121
本当に一切話が通じない国なんてあるか?
金と武力をチラつかせながらなだめたりすかしたりするのが外交

142:ななしさん:2016/07/09(土) 11:38:12.165 ID:DRnm7Kv8a.net

>>141
ISに標的にされたらどうよ?

145:ななしさん:2016/07/09(土) 11:46:56.749 ID:zs4pap340.net

>>142
標的にされたらというか
アメリカが直接標的ににされないのって武力のおかげだろ

125:ななしさん:2016/07/09(土) 10:42:56.131 ID:GYjALkK7a.net

>>121
外交と軍事は基本セットだぞ

126:ななしさん:2016/07/09(土) 10:45:03.007 ID:FaunpfMSp.net

日本赤軍みたいな基地外・暴力集団が言ってるんだから救えないわ

146:ななしさん:2016/07/09(土) 12:03:47.571 ID:/KP+vw6CK.net

ぶっちゃけ話し合いに至った段階で手遅れな事は多い
話し合いにもならないような距離を取り続けるのが正解




( *`ω´) <あ、ノーガード戦法は油断させて相手に大ダメージを与える奇襲戦法だからね。
( *`ω´) <しかも集団的自衛権は左翼が同調している中国共産党に対する備えだったりする訳でね…
ネタ元: 左翼「戦争反対!!集団的自衛権いらん!話し合いで解決!!」ぼく「向こうから殴られたらどうすんだよ」ボソッ
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1468023723/
スポンサードリンク

歴史・戦争・偉人・英雄の話題の関連タグ一覧
関連タグ: 左翼  政治  集団的自衛権  中国  自衛隊  

この記事のコメント一覧になります
大人向けのキーワードや差別・誹謗中傷っぽいキーワードは『NG』になることが多いです。
無抵抗とは美学そのもの
右の頬を叩かれたら左も差し出す心構え

これ勘違いしてる奴めっちゃ多いけど
本来は「侮辱に対して毅然と対応しろ」って意味だぞ

ここに詳しく書いてあるけど
ttp://hirabayashi.wondernotes.jp/2013/04/10/%E3%80%8C%E5%B7%A6%E5%8F%B3%E3%81%AE%E9%A0%86%E4%BD%8D%E3%81%AB%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%82%8F%E3%82%8B%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E7%9A%84%E7%90%86%E7%94%B1%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%80%8C%E5%8F%B3%E3%81%AE%E9%A0%AC/
> 右の頬を叩かれたら左も差し出す心構え
> 本来は「侮辱に対して毅然と対応しろ」って意味だぞ

反対意見にも耳を傾けることができない人にぜひとも知って欲しい心構えですね。
真善美の探究【真善美育維】

【真理と自然観】

《真理》
結論から言って, 真偽は人様々ではない。これは誰一人抗うことの出来ない真理によって保たれる。
“ある時, 何の脈絡もなく私は次のように友人に尋ねた。歪みなき真理は何処にあるのかと。すると友人は, 何の躊躇もなく私の背後を指差したのである。”
私の背後には『空』があった。空とは雲が浮かぶ空ではないし, 単純にからっぽという意味でもない。私という意識, 世界という感覚そのものの原因のことである。この時, 我々は『空・から』という言葉によって人様々な真偽を超えた歪みなき真実を把握したのである。


我々の世界は質感。
また質感の変化からその裏側に真の形があることを理解した。そして我々はこの世界の何処にも居ない。この世界・感覚・魂(志向性の作用した然としてある意識)の納められた躰, この意識の裏側の機構こそが我々の真の姿であると気付いたのである。


《志向性》
目的は何らかの経験により得た感覚を何らかの手段をもって再び具現すること。感覚的目的地と経路, それを具現する手段を合わせた感覚の再具現という方向。志向性とは或感覚を具現する場合の方向付けとなる原因・因子が具現する能力と可能性を与える機構, 手段によって, 再具現可能性という方向性を得たものである。
『意識中の対象の変化によって複数の志向性が観測されるということは, 表象下に複数の因子が存在するということである。』
『因子は経験により蓄積され, 記憶の記録機構の確立された時点を起源として意識に影響を及ぼして来た。(志向性の作用)』
我々の志向は再具現の機構としての躰に対応し, 再具現可能性を持つことが可能な場合にのみこれを因子と呼ぶ。躰に対応しなくなった志向は機構の変化とともに廃れた因子である。志向が躰に対応している場合でもその具現の条件となる感覚的対象がない場合これを生じない。但し意識を介さず機構(思考の「考, 判断」に関する部分)に直接作用する物が存在する可能性がある。


《思考》
『思考は表象である思と判断機構の象である考(理性)の部分により象造られている。』
思考〔分解〕→思(表象), 考(判断機能)
『考えていても表面にそれが現れるとは限らない。→思考の領域は考の領域に含まれている。思考<考』
『言葉は思考の領域に対応しなければ意味がない。→言葉で表すことが出来るのは思考可能な領域のみである。』
考, 判断(理性)の機能によって複数の中から具現可能な志向が選択される。


《生命観》
『感覚器官があり連続して意識があるだけでは生命であるとは言えない。』
『再具現性を与える機構としての己と具現を方向付ける志向としての自。この双方の発展こそ生命の本質である。』

生命は過去の意識の有り様を何らかの形(物)として保存する記録機構を持ち, これにより生じた創造因を具現する手段としての肉体・機構を同時に持つ。
生命は志向性・再具現可能性を持つ存在である。意識の有り様が記録され具現する繰り返しの中で新しいものに志向が代わり, その志向が作用して具現機構としての肉体に変化を生じる。この為, 廃れる志向が生じる。

*己と自の発展
己は具現機構としての躰。自は記録としてある因子・志向。
己と自の発展とは, 躰(機構)と志向の相互発展である。志向性が作用した然としてある意識から新しい志向が生み出され, その志向が具現機構である肉体に作用して意識に影響を及ぼす。生命は然の理に屈する存在ではなくその志向により肉体を変化させ, 然としてある意識, 世界を変革する存在である。
『志向(作用)→肉体・機構』


然の理・然性
自己, 志向性を除く諸法則。志向性を加えて自然法則になる。
然の理・然性(第1法則)
然性→志向性(第2法則)


【世界創造の真実】
世界が存在するという認識があるとき, 認識している主体として自分の存在を認識する。だから自我は客体認識の反射作用としてある。これは逆ではない。しかし人々はしばしばこれを逆に錯覚する。すなわち自分がまずあってそれが世界を認識しているのだと。なおかつ自身が存在しているという認識についてそれを懐疑することはなく無条件に肯定する。これは神と人に共通する倒錯でもある。それゆえ彼らは永遠に惑う存在, 決して全知足りえぬ存在と呼ばれる。
しかし実際には自分は世界の切り離し難い一部分としてある。だから本来これを別々のものとみなすことはありえない。いや, そもそも認識するべき主体としての自分と, 認識されるべき客体としての世界が区分されていないのに, 何者がいかなる世界を認識しうるだろう?
言葉は名前をつけることで世界を便宜的に区分し, 分節することができる。あれは空, それは山, これは自分。しかして空というものはない。空と名付けられた特徴の類似した集合がある。山というものはない。山と名付けられた類似した特徴の集合がある。自分というものはない。自分と名付けられ, 名付けられたそれに自身が存在するという錯覚が生じるだけのことである。
これらはすべて同じものが言葉によって切り離され分節されることで互いを別別のものとみなしうる認識の状態に置かれているだけのことである。
例えて言えば, それは鏡に自らの姿を写した者が鏡に写った鏡像を世界という存在だと信じこむに等しい。それゆえ言葉は, 自我と世界の境界を仮初に立て分ける鏡に例えられる。そして鏡を通じて世界を認識している我々が, その世界が私たちの生命そのものの象であるという理解に至ることは難い。鏡を見つめる自身と鏡の中の象が別々のものではなく, 同じものなのだという認識に至ることはほとんど起きない。なぜなら私たちは鏡の存在に自覚なくただ目の前にある象を見つめる者だからである。
そのように私たちは, 言葉の存在に無自覚なのである。言葉によって名付けられた何かに自身とは別の存在性を錯覚し続け, その錯覚に基づいて自我を盲信し続ける。だから言葉によって名前を付けられるものは全て存在しているはずだと考える。
愛, 善, 白, 憎しみ, 悪, 黒。そんなものはどこにも存在していない。神, 霊, 悪魔, 人。そのような名称に対応する実在はない。それらはただ言葉としてだけあるもの, 言葉によって仮初に存在を錯覚しうるだけのもの。私たちの認識表象作用の上でのみ存在を語りうるものでしかない。
私たちの認識は, 本来唯一不二の存在である世界に対しこうした言葉の上で無限の区別分割を行い, 逆に存在しないものに名称を与えることで存在しているとされるものとの境界を打ち壊し, よって完全に倒錯した世界観を創り上げる。これこそが神の世界創造の真実である。
しかし真実は, 根源的無知に伴う妄想ゆえに生じている, 完全に誤てる認識であるに過ぎない。だから万物の創造者に対してはこう言ってやるだけで十分である。
「お前が世界を創造したのなら, 何者がお前を創造した?」
同様に同じ根源的無知を抱える人間, すなわち自分自身に向かってこのように問わねばならない。
「お前が世界を認識出来るというなら, 何者がお前を認識しているのか?」
神が誰によっても創られていないのなら, 世界もまた神に拠って創られたものではなく, 互いに創られたものでないなら, これは別のものではなく同じものであり, 各々の存在性は虚妄であるに違いない。
あなたを認識している何者かの実在を証明できないなら, あなたが世界を認識しているという証明も出来ず, 互いに認識が正しいということを証明できないなら, 互いの区分は不毛であり虚妄であり, つまり別のものではなく同じものなのであり, であるならいかなる認識にも根源的真実はなく, ただ世界の一切が分かちがたく不二なのであろうという推論のみをなしうる。


【真善美】
真は空(真の形・物)と質(不可分の質, 側面・性質), 然性(第1法則)と志向性(第2法則)の理解により齎される。真理と自然を理解することにより言葉を通じて様々なものの存在可能性を理解し, その様々な原因との関わりの中で積極的に新たな志向性を獲得してゆく生命の在り方。真の在り方であり, 自己の発展とその理解。

善は社会性である。直生命(個別性), 対生命(人間性), 従生命(組織性)により構成される。三命其々には欠点がある。直にはぶつかり合う対立。対には干渉のし難さから来る閉塞。従には自分の世を存続しようとする為の硬直化。これら三命が同時に認識上に有ることにより互いが欠点を補う。
△→対・人間性→(尊重)→直・個別性→(牽引)→従・組織性→(進展)→△(前に戻る)
千差万別。命あるゆえの傷みを理解し各々の在り方を尊重して独悪を克服し, 尊重から来る自己の閉塞を理解して組織(なすべき方向)に従いこれを克服する。個は組織の頂点に驕り執着することはなく状況によっては退き, 適した人間に委せて硬直化を克服する。生命理想を貫徹する生命の在り方。

美は活活とした生命の在り方。
『認識するべき主体としての自分と, 認識されるべき客体としての世界が区分されていないのに, 何者がいかなる世界を認識しうるだろう? 』
予知の悪魔(完全な認識をもった生命)を否定して認識の曖昧さを認め, それを物事が決定する一要素と捉えることで志向の自由の幅を広げる。予知の悪魔に囚われて自分の願望を諦めることはなく認識と相互作用してこれを成し遂げようとする生命の在り方。


《抑止力, 育維》
【育】とは或技能に於て仲間を自分たちと同じ程度にまで育成する, またはその技能的な程度の差を縮める為の決まり等を作り集団に於て一体感を持たせること。育はたんなる技能的な生育ではなく万人が優秀劣等という概念, 価値を乗り越え, また技能の差を克服し, 個人の社会参加による多面的共感を通じて人間的対等を認め合うこと。すなわち愛育である。

【維】とは生存維持。優れた個の犠牲が組織の発展に必要だからといっても, その人が生を繋いで行かなければ社会の体制自体が維持できない。移籍や移民ではその集団のもつ固有の理念が守られないからである。組織に於て使用価値のある個を酷使し生を磨り減らすのではなく人の生存という価値を尊重しまたその機会を与えなければならない。

真善美は生命哲学を基盤とした個人の進化と生産性の向上を目的としたが, 育と維はその最大の矛盾たる弱者を救済することを最高の目的とする。
コメント欄


コメント ※禁止キーワード → http://(hを抜いてください。)

( *`ω´) <こっちもオススメやで。
帰ってきたブログマンBTT
スポンサードリンク
管理人の独り言
スポンサードリンク
熱情の律動

【報告】
ごめんなさい。ブロマガ通りました。移転します。堅苦しいネタはやめてライトなネタ中心のまとめでやっていこうと思います。
(FC2の二次元規制から解放されるので)

デザインを依頼したのですが、二ヶ月経っても全く作業が進んでいなかったので、一度移転作業を打ち切りました。他にも色々とあるので、落ち着くまでいったん移転作業を保留にしたいと思います。
アユネットドットコム
↑それまでこちらで楽しんで頂けると有り難いです。

新着記事
帰ってきたブログマンBTT
今日のブログマンニュース