思想や歴史、サブカルや観光地・旅行などの情報を解説つきでお伝えします。
Top | Info | RSS | Twitter | Mail |
帰ってきたブログマンBTT

価値観や疑問の話題 | 帰ってきたブログマンBTT - 日常で役立つ豆知識!

帰ってきたブログマンBTTは、強く生きる為に役立つ知恵を補填する情報サイトです。
( *`ω´) <お気に入りだよ!ブログマン!
スポンサードリンク
サイト内記事検索&キーワード検索:
タグ: 価値観  電子書籍    
2016年04月06日 04:53

コメント数: 13コメ
カテゴリ:
【疑問】電子書籍が世間に浸透しない理由って何・・・!?お前らが利用しない理由って・・・!?

電子書籍についてちょっとだけ。

電子書籍の広告はよく見ますよね。でも、実際に本を読むときは「紙」で読むことが多い管理人です。漫画はもちろんそうですし、ラノベやらエッセイやらも「紙」のほうで購入しております。はい。

という訳で─。
電子書籍がイマイチ浸透していないのはなぜなのか、議論しているスレッドを取り上げたいと思います。 By 帰ってきたブログマン


タグ: 人道  価値観  三大○○シリーズ  悪行  
2016年03月20日 22:23

コメント数: 2コメ
カテゴリ:
【人道】人として絶対に許されない三大悪行(タブー)といえば・・・!?何が当てはまるかな・・・!?

三大悪行(タブー)についてちょっとだけ。

誰にでも「人としてこれだけはやっちゃいかんだろ…」と思う行為があるハズなんですよ。

性的虐待や殺傷行為、犯罪行為全般などなど…挙げればキリがない訳です。ですが、人によっては「悪行」と思わない行為もあったりするので、人それぞれだと思うんですよね。

今回は人として絶対にやってはいけない三大悪行(タブー)は何なのか、考えていきたいと思います。ほとんどがネタなんですけどね…。 By 帰ってきたブログマン


タグ: プロレス  もしもネタ  格闘技  
2016年02月27日 22:43

コメント数: 4コメ
カテゴリ:
【疑問】プロレスを「ショー」ではなく「ガチ」でやったら・・・どんな試合になるの・・・?成立しなくなるの・・・?

プロレスについてちょっとだけ。

プロレスは格闘技であり、エンターテイメントのショーでもある訳ですよ。
見に来た観客を魅了してこそプロレスな訳です。激しい試合を見たいなら総合格闘技のほうが遙かに見応えがあると思うんですよ。ウン。

そう考えると、やっぱりプロレスは技を見てもらうショーなのかなと。求められているのは、試合の激しさだけじゃない、技の華麗さや選手同士の人間関係まで全てのモノが一つのショーになる訳です。入場から既にショーであり、カウント3が決まるその瞬間までショーなのです。

客を楽しませてこそプロレス─。

台本があってもいい、我々を心の底から楽しいと思わせて欲しい…。それが本来あるべきプロレスの姿なんじゃないかなと思うんですね。 By 帰ってきたブログマン


タグ: 文才  才能  知識  有名人  Twitter  
2016年02月17日 21:38

コメント数: 1コメ
カテゴリ:
【文豪?】文章を書くのが飛び抜けて上手い奴って居るけど・・・上手な文章を書けるのって才能なの・・・?

文才に関するコメント

文を書く─。これが思いの外難しい。読んでもらう以上、こちらの伝えたいことをちゃんと理解してもらわないといけない訳だ。難しく書いても理解出来ない上に読み手を飽きさせてしまう。また、文章に説得力がない場合、共感を得ることは出来ない。論理的かつ簡潔に綴る必要があるのだと思う。そんな管理人の私感はどうでもいいとして…今回は「堀江貴文、橋下徹、乙武洋匡の三名が書く文章が非常に上手で読みやすい─。」と主張するスレ主のスレッドを見つけたので、ピックアップしたいと思う。まぁ、何だ。頭の良い人が書く文章は当たり前のように知性が溢れているってことなんじゃないかなと。羨ましいね、ほんとに。 By 帰ってきたブログマン


タグ: 社会    モラル  もしもネタ  
2016年02月16日 11:18

コメント数: 0コメ
カテゴリ:
【疑問】人間が嘘をつかない世の中だとしたら・・・社会は人間関係はどうなってしまうの・・・?

嘘に関するコメント

『嘘』─。事実でないことをさも本当のように話してしまう行為を言う。結果的に相手は騙されたことになるのだが…「本音と建前」という言葉があるように、その場が円満に収まるのであれば、「建前」という「嘘」をつくこともある。この「建前」という表向きの考えは、己の私利私欲よりも協調性を優先した行動な訳だが…他人を欺いて騙していると言い切れない部分もある。そもそも『嘘』とは「善意で言う嘘」と「悪意で言う嘘」の二種類があるので、善悪の判断を下すことが非常に難しい。そもそも『嘘』という言葉でそれらを一括りにしていることに問題があると思うのだが…如何に!? By 帰ってきたブログマン


タグ: 自動車  ライフスタイル  価値観  
2016年02月10日 10:18

コメント数: 2コメ
カテゴリ:
【生活水準】自家用車は軽自動車で十分じゃないの・・・?貧乏人に見られるから乗りたくないの・・・?

自動車に関するコメント

自動車に乗るなら高級車が良いと思う人は多いハズ。世界の名車は見た目が非常に格好良い。機能性に優れているし、加速の心地よさは高級車ならではだ。それは誰もが認めること。だから自分も世界の名車に乗れば格好良くなれると思うのかもしれないなぁ。だが、実際に乗っている車は軽自動車。貧乏だから軽自動車に乗っているのか、コスパの良さで乗っているのか、それは人それぞれだと思う。今回、取り上げるスレッドの内容は「車は軽で十分じゃね?」というもの。自動車は無理して良い車に乗る必要はないと思う。気に入った車に乗ることが一番大事。例え、軽自動車であったとしても、暇があれば自分の手で洗車をしてピカピカにしてある車のほうが何倍も価値がある。汚れて小汚い外車に乗っているお金持ちよりもピカピカの軽自動車に乗っている貧乏人のほうがドライバーとしては一流だと思う。命を預けている相棒に感謝の気持ちを忘れてはならない。「Drive your dreams.」※TOPの画像はスーパーカーの集団に軽自動車が挑むGT6動画。妙に格好良く見たので一緒にご紹介したいと思う。面白い。 By 帰ってきたブログマン


タグ: 漫画家    仕事    
2016年01月25日 15:38

コメント数: 15コメ
カテゴリ:
【漫画家】絵を描くのが上手な画力が高い漫画家って誰なのか・・・?一番スゴイと思う漫画家を決めようか・・・!!

漫画家に関するコメント

絵を描いて生計を立てている人たちを「プロ漫画家」という。絵で人を感動させる素晴らしい職業である。自分にとって究極の絵を追い求めて到達した境地─。その絵の凄さに多くの読者が感動するのだろう。今回は画力が凄い漫画家は誰なのかを決めるスレッドを紹介したいと思う。 By 帰ってきたブログマン


タグ: BOOWY  ブルーハーツ  バンド  
2016年01月11日 14:13

コメント数: 2コメ
カテゴリ:
【伝説のバンド】「BOOWY」と「ブルーハーツ」ってバンドがあったらしい・・・。どっちのほうが凄かったの・・・?

バンドに関するコメント

伝説のロックバンド「BOOWY」と時代を超えて愛されるバンドグループ「ブルーハーツ」。どちらがすごいバンドなのだろうか。カリスマ性でいえば「BOOWY」に軍配が上がる。メッセージ性の高さでいえば「ブルーハーツ」に軍配が上がる。どっちが上なのか判断に困るところだ。どっちなんだろうね。


タグ: 意識高い系  人生  自己啓発  
2016年01月09日 23:27

コメント数: 6コメ
カテゴリ:
【自己啓発】意識高い系「意識が高いのって何がいけないの?」→嘲笑される理由は別のところにあった・・・!?

意識高い系に関するコメント

必要以上に承認欲求が強い人種を「意識高い系」という。意識が高いのは、非常に良いこと。だがしかしだ。本来の能力以上の評価を求めたり、能力以上の人物として振る舞うのが少々痛々しい…。ゆえにこの言葉が「ネットスラング」として広まってしまったのだと思う。「スタバでマック」などが代表的な「意識高い系」だ。確かにスタバでマックを広げて何をしているのか、気になるね。ということで─。今回は「なぜ意識が高いと笑われてしまうのか」という質問に答えているスレッドを取り上げたいと思う。


タグ: YouTuber  ヒカキン  忘年会  
2015年12月24日 21:13

コメント数: 1コメ
カテゴリ:
【ヒカキン】YouTuberプロダクション「UUUM」の忘年会の様子が公開された!?YouTuberって意外といるんだな・・・

YouTuberに関するコメント

YouTuberプロダクション「UUUM」の忘年会があったらしく、話題になっていたのでピックアップ。


( *`ω´) <こっちもオススメやで。
帰ってきたブログマンBTT
スポンサードリンク
管理人の独り言
スポンサードリンク
熱情の律動

【報告】
ごめんなさい。ブロマガ通りました。移転します。堅苦しいネタはやめてライトなネタ中心のまとめでやっていこうと思います。
(FC2の二次元規制から解放されるので)

デザインを依頼したのですが、二ヶ月経っても全く作業が進んでいなかったので、一度移転作業を打ち切りました。他にも色々とあるので、落ち着くまでいったん移転作業を保留にしたいと思います。
アユネットドットコム
↑それまでこちらで楽しんで頂けると有り難いです。

新着記事
帰ってきたブログマンBTT
今日のブログマンニュース